FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Cara
 
[スポンサー広告
会社のランク
いつぞや飲兵衛とスカイプでチャットしてたとき、会社のランク付けをしていた話をふと思い出した。
世の中、まるで子供の集まりのような会社からプロフェッショナルな集団から成り立つ会社まで様々。

様々な傾向からカテゴリわけをしてみたという話。



~会社ランク 低い順~

★嘆きの牢獄レベル
従業員は ボロボロに くちはてている。 かなりの過労がたたっているようだ。


自分が何をしているのかも考えが及ばず、その日暮らしの底辺が集まる会社。

奴隷のような待遇、詐欺のような募集要項、抜け出せない環境。

他者との交流を持つ気力すらなく、徘徊するゾンビの群れのような集まり。
「経営者はいるのか?自分の会社の社長の名前すら知らないぞ・・・。そもそもどうでもいい・・・。」

どうしてまだ会社として存続できているのか・・・ある種の奇跡と言える。

労働契約書や給与明細、社会保障などという単語はここでは異世界の言語である。

幹部による暴力や物理的な拘束、強迫紛いの命令など、会社ではなくもはや牢獄であるケースも。


★動物園レベル
「ギャーギャー!!キーキー!!ピーヒョロロロロ!ワンワン!!ウォおおおんん!!」


ほとんどの従業員に人間性や知性に問題があり、罵声や怒声が飛び交う光景も見られる。
自分のことしか考えない人間しか集まっておらず、さながらその光景は腹をすかせた動物が暴れる動物園のよう。

少し管理できる飼育員のような存在がいるが、この人がいなくなると檻を揺すって欲求を丸出しし、地面に物を叩きつけて存在をアピールし、再び暴れだす環境(一応比喩)。

多くにおいて、社長や幹部クラスまで動物レベルであることが多く、中間にいる苦労人が飼育員であるケースが多い。

飼育員が存在することも奇跡だが、求人の奇跡は何度も起こらない。

経営状況が非常に悪く、給料日が31日(月末)だったり支給日の遅れなどが当たり前。

このような状況が奇妙なバランスで成り立っているが、倒産するときは大抵ドミノ倒しのようにあっという間。

給与のケチっぷり、休日の少なさ、でたらめな社会保障などバラエティ豊か。

産地偽装、社員の一面記事デビューなどをやらかす賑やかな会社であるケースも。


★幼稚園レベル
「なんで言われたことも出来ないの?使ったら元に戻そうよ!整頓ちゃんとしようよ!」


言われたことを子供のレベルでこなす集団。
注意をすればとんでもない言い訳を駆使して責任逃ればかりをする人間ばかり。
酷いとバックレも辞さない思考を持つ。

園長がいなければ言われたことすらほとんどこなせず、総じて責任のある仕事をしている人間はほぼ皆無。

ベンチャー系として経営者が独立してから場当たり的に補充し続けた延長線上で成り立ったようなケースも多く、経営者も基本園児たちを信用していないので、状況はジリ貧。

園長だけで保ってる会社。倒産する日もそう遠くない。

どうせすぐ辞める人が多いと、待遇面はハナから酷い。


★部活動、サークルレベル
「気合が足りない、努力が足りない、根性が足りない・・・そして何事も経験!」


仕事をする意志の人間は多いが、部活動やサークル活動の延長線レベルの知的水準しかない会社。

精神論主体が多く、(結果が伴わなくても)頑張る姿勢や長時間仕事をすることが(暗黙の)美徳とされ、基本的に助け合いはない。暇な人しか助けてくれない。
また、壊滅的な状況になるまで事態を悪化させることも多く、そこに至るまでの報告連絡相談もない。
基本的にノープランか、計画のようなナニカを立てるが、1mm先か100km先かのプランしかない。


経営陣はとにかく社内外で競争させる事こそが会社を前進させるしか考えがなく、時代に取り残された手法を根性と労力だけでカバーする従業員がいる、という構図が目立つ。

社長や幹部クラスは、まっとうな会社から見ればほとんどニートにしか見えず、部活動の現場で椅子に座ってふんぞり返ってる監督と同レベルである。

離職率が高いが、まあまあな規模の会社が多いため、求人ではやる気(だけ)勢が毎回 騙されて 来るので、会社は一応存続し続ける。

ただし、行き当たりばったりなため、経営状況の波が非常に激しく、離職者による復讐めいた事件も起こる。

こういった会社に必要な構造改革は、先ず社長の交代が必要なケースがほとんど。



★大日本帝国陸海軍
「大本営発表―――このプロジェクトは間違いなく成功するのであります」(確率4%)


それぞれのポジションにおいてそれなりの根性をもった人間が配置されているが、上下左右様々な派閥が強烈に存在していて、あらゆることが非効率。

また、指導者レベルが実際に必要な知識経験不足であることが非常に多く、机上の理論や楽観論でプロジェクトをデスマーチにしていく。

結果的にうまくいかなかった場合は、幹部たちではなく下の人間に問題があったとされ、人間の入れ替えによってすべては完結するという手段しかとれない。もしくは、逐次投入による状況改善。

社長や幹部連中は虚栄心が強く、能力がないくせして態度ばかりは立派だったりする。

経営の波に乗ってる時は運要素が強く、悪い時は自分たちが原因を作っていることがほとんど。無駄な朝礼、無駄な長時間の会議などが大好き。

リスクヘッジ?リスクアセスメント?そんなことより前進だ前進!失敗ではなく転進だ!!


★フツーの会社
「私はわからないのでAさんに聞いて下さい。」「判断はBさんがしますのでちょっと待って下さい。「Bさん長期出張中です」

ようやく精神論の無謀さやリスクヘッジの重要さを悟り、拙いながらもPDCAのようなナニカを導入することにより、一定の規律を社内に制定している。

ただし、一部のルールの形骸化や現場の省略化などが散見され、重大事故は大抵の場合においてその辺が原因となる。

標準化を導入することにより満足を得る経営陣だが、導入するだけで満足して下の人間に興味を示さなくなる。

会社の浮き沈みの振り幅こそ小さいが、人もノウハウも大して育たず、どれだけ時がたっても会社の規模があまり変わらないのが特徴。

大企業の皮をかぶった会社に多く存在する。
総じて投資の概念が希薄であったり、もしくはヘタクソ。会社が大きくてもTOBされるのは時間の問題。


★まともな会社
「一流企業とは違うのだよ一流企業とは!」


一定のリテラシーを持つ連中が多数在籍しており、相互監視のような暗黙の規律により保守がされている。
<裏では相当情報共有されているよ!>

人間関係はドライだが、他者を不快にさせることは面倒であるという根底の意識があるため、仕事や対話においてはある種の美意識を持っている。

上昇志向や下克上のような意識をもつ人間より、仕事をこなすこととプライベートを保守することをうまく両立している人間のほうが多い。

総じて安定しているようにみえるのだが、どうしても会社の全体としての動きの遅さ、新しい取り組みなどの初動やアイディアに問題が見つかる。

会社としての外面が良いため、安定志向な人間が入社しようと殺到するため、人間の目利きを怠ると次第に腐っていき、大量のリストラなども起こしたりする。



★大企業レベル
「唯一の善は知識であり、唯一の悪は無知である」


まともな会社の延長線上で、この手法により多くの支社や強力な組織が存在している。

資力による経営の多角化にも手を出すことができ、効率化や先駆けのための壮大な実験が可能。
大抵のトラブルではグループが揺らぐとこはない。また、トラブルの処理もうまい。

ただし、代が変わることによるある種のヒュドラのような企業体になる可能性があり、それぞれの子会社のトップ陣に衝突が起こるケースがままある。

基本的に人を採用する手法が特徴的であり、優秀な人材をとってくることや好待遇にすることの重要性を熟知している。

ただし、コネ入社があったり天下りなどもある。(ある種のリターンを得るために入れている場合も多い)

このクラスの社長は、業界内では超有名だったりTV出演や講習などに顔を出せるレベルであるケースが多い。


★特殊部隊レベル
ミッション コンプリート シマシタ ツギノ シジ ヲ


言われたことを100%こなし、余計なこともしない。

上下の立ち位置による仕事の解決手法が確立されており、大抵の修羅場も全員が一丸となってこなすことができる。

機材の投資にも敏感で、常に最新の情報を仕入れ、他勢力に負けないよう上に立つ人間が常にアグレッシブに立ちまわる。
総じて決断に対する状況判断がうまく、自分たちが原因による大きな事故など起こさない。
情報共有の正確さ・素早さが尋常でなく、仕組みが人間の能力を増幅させている組織。

新人教育も完璧に仕上げるためのマニュアルが充実しており、シミュレートやスケジュールにもほとんど完璧といえ、人員の突然の欠損にも耐えられる環境が構築されている。

このレベルは、各国に一握り。


★神々の集まりレベル
「We are the Borg. You will be assimilated. Resistance is futile」


彼らは総じて職人であり、人間離れしている。

どんな仕事も最短で完璧にこなし、情報を集めるだけでなく自分たちが都合のいいように発信する。

このクラスになると、上記のレベルたちに一部の集団として収まっているか、少数精鋭で集まっているケースが多い。

彼らの意思疎通はボーグ人のようであり、いちいち設計図や計画書などすら用意しない。
互いに完璧に信頼しているため、いちいち内容を確認する必要がないのだ。

フィクション!?いや、いると思うよ!



さああなたの会社はどのレベル!?

おそらくほとんどの会社は部活動・サークルレベルだと思うよ☆
スポンサーサイト
Posted by Cara
comment:0   trackback:0
[リアル
comment
comment posting














 

trackback URL
http://carapw.blog114.fc2.com/tb.php/469-ad9d3f30
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。